7/27/2011

河村怜 展



「装画」という言葉、ご存知ですか?
最近、よく見るようになった気がするのは私だけでしょうか。

「装画」とは、書物の装丁に使われる絵。
今回は、話題作の装画を次々に担当している、
注目の作家が登場です。














河村 怜展「Bittersweet」

美学、美術史などを学んでいた河村さん。
それまでにも絵の勉強を重ねていたそうですが、

“イラストレーション”の勉強を本格的にスタートしたのは、
峰岸達さん率いる、MJイラストレーションズに入った、2009年。

昨年秋に作品がカレンダー(写真/右)として制作され、
今年、初の装画を担当した、
朝吹真理子さん『きことわ』新潮社刊(写真/中左)は、芥川賞受賞作。
続いて、
光野桃さんのエッセイ集『実りの庭』文藝春秋刊(写真/中右)、
超話題作(!)の、

青木淳悟さん『私のいない高校』講談社刊(写真/左)と、
初個展とは思えないほどの充実っぷりなのです。

版画とアクリル絵具、データの組み合せで、
モノトーンでナイーヴな世界をつくっている河村さん。





作家性ゆえ、とのことで顔写真NGの河村さん(左)、オープニング準備中。タンバリン初個展仲間の水谷さんも来てくれました。


担当した装画(カバー絵、挿画も)の原画はもちろん、
未発表の作品も多数。

初日朝には祝花がふたつも届き、大喜びの河村さん。
夕方には、師匠の峰岸さんはじめ、塾生のみなさんも多く詰めかけて、
ワインで乾杯してくれました。
河村さん、作家やデザイナー、編集者との共同作業についてアツく語ってましたね、
これからの活躍、応援している人たくさんいるようです。


29(金)、30(土)、31(日)の午後は、在廊のご予定。
蒸し暑さの中、来てくれたみなさんに
冷たいお茶を河村さんがすすめてくれるはずです。

07/26(火)〜 07/31(日)11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
☆「アレ★アレ★シネマトーク」7/29(金)19:30〜 Usteream中継
会場にもぜひ、遊びにきてください。テーマは、怖〜い映画???
Next Exhibition---------------------------------------------------
Tomoko Usami + KYANECO + Tokyo playgirls
どうぶつえんのきっさてん
08/02(火)〜 08/07(日)11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
------------------------------------------------------詳細はこちら
☆夏期休廊のお知らせ
 08/08(月)〜 08/22(月) お休みさせていただきます。