10/31/2013

MARCOART / ピーター・マルコ


タコの、OLLIE(オリー)がドーンと、な!
2メートル超の「WHAT'S MARCO GOOD」フラッグが目印!

ニューヨークで、大活躍のストリート系アーティストの東京デビュー、
日本初個展です。
MARCOART (マルコアート)
―ニューヨーク発 ピーター・マルコ ポップアート展 ―

タコのOLLIE、恐竜のNess(ネス)をはじめ、
さまざまなキャラクターが、キャンバスで楽しげに踊っている、
“ ポップ ”な作品(大きいものから、小さいものまで)をはじめ、
ぬいぐるみや絵本、アニメーション、
デミタスカップ&ソーサー(日本未発売)のグッズや
今回初お披露目の日本オリジナルグッズ、
缶バッジ、ポストカード、マグカップ、ペーパーバッグなど、
元気よく賑やかに展示されています。
”TOHOKU”シリーズ4点(右)は、プレキシグラスに
イメージを定着させた、マルコプレキシポップで表現

作家のピーター・マルコは、’80年代終わりごろから、
アクリル絵具で壁やキャンバスに鮮やかな色と、大胆な輪郭で注目を集め、
ニューヨーク(以下、NY)のソーホーで、
自らのギャラリーショップをやりながら、企業とのコラボや、
イベント・チャリティオークションで、セレブ達のポートレートを描き、
『9・11』(2001年)のときには、市長からの依頼で市庁舎に壁画を描いたり、
『3・11』(2011年)には、“TOHOKU(東北)”にアートを寄贈など、
 (上写真/仙台空港に大きな作品を展示中、今回は小さい作品2点を展示)
彼のテーマ「LOVE,PEACE &HARMONY」とともに、
さまざまな活動を通して、アピールしています。
手前3点はポートレートシリーズ

 今回の個展は「石巻復興支援マルコ・プロジェクト」として、
NY市長からのメッセージを石巻へ届け、作品を寄贈の一環としての開催です。
初日(10/29)夜来日し、
10/30(水)には、ピーターも出席してのレセプションが開かれ、
日本の作家とのコミュニケーションもありました。

アメリカ大使館も後援。レセプションでの、ピーター

「明日」「希望」にあふれ元気になる、
MARCOARTをぜひ見に来てください。
ピーターは、11/02(土)14:00〜16:00ころまで、在廊の予定です。
作品は、ジークレー作品(50,000円)やオリジナル原画(250,000円〜)など、
一部販売もしています。

初デビューのグッズもいろいろ。
缶バッジ(10種・各300円)、
ポストカード(2種・各300円)、
マグカップ(3種/各2500円)、
ペーパーバッグ(大・中・小/800円〜1,500円) 

ピーターは個展のあと、石巻へ向かい、
MARCOARTの寄贈、子供たちとのお絵かき教室など
被災地の子供たちとの交流をします。
また、本展の作品の売上の一部は、東北に寄付されます。
☆10/29(火)〜11/03(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)

ところで、
タンバリンギャラリーのある、外苑西通り(キラー通り)が、
ある意味、東京の “ストリートアートの聖地”だ! 
って話。知ってますか?

1983年(オォー30年前か!)、
(ドラマ「おしん」大ブレイク、東京ディズニーランドオープン、YMO散開の年)
かつての『On Sundays』、
現『ワタリウム美術館』の前の建物の外壁、
そこに残る、
キース・ヘリングのペインティングはいまもみることができます。
エピソードはこことかここ

ピーターの展示を見て、そちらへ回るのも、いいアイデアだと思います。
秋晴れの連休に、ぜひ足をお運びください。
Next Exhibition ------------------------------------------------------------
Haircut for smile/ヘアーカットで世界は変えられる
                    ミズタニシザース
 11/05(火)〜11/10(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 ------------------------------------------------------------詳細は、こちら
☆タンバリンギャラリーは、ただいま開催中の
☆『企業コラボアート東京2013に協力しています。
☆青山、原宿、代官山のさまざまなショップで、作品展示販売中。
☆11/04(月)まで、こちらも、お見逃しなく!