3/27/2013

土屋ヒデル/HI-DELL TSUCHIYA 展


強烈なほどの、強い色が、
ギャラリーの壁面を埋め尽くしています。
泥臭いまでに、、、

あなたは、”土屋ヒデル”という、
イラストレーターを知っていますか?


経歴って大した経歴も無し。今の私、それは大橋歩さんと横尾忠則さん、それが始まりだった。で、テリー(湯村輝彦さん。あえてリスペクトを込めてテリーと呼ばせてもらう。)と会えた事、それが私のNEXTSTEPの始まりだ、った。ただ絵の好きな伊豆の馬鹿小僧もおかげで平凡パンチのカバーという所まで登り着けた。でも何んか違うという事をかかえ込んで、イラストレーターからエスケイプ。その後アンダーグラウンド十数年。やっと絵が音楽が少し解りかけた。FAKA-SAKA-DIKA な63才!!
“ LAST MAN STANDING ON THE POP ART ”ってぇ所だ!!!                               (土屋ヒデル)


 土屋ヒデル/HI-DELL TSUTIYA 展
DIRECT TOUCH PAINTING
ABOUT THAT CALLIN' D.T.P.

十数年前、突如として(かどうか?)消えた、土屋さん。
「あのとき、筆を捨てちゃんだよ。絵具のチューブと紙があれば、絵は描ける」と、
しっかりした紙やカンバスからも離れ、
CAMPASノートや包み紙の裏、
「そのへんにある紙に、おもいのままに、構えることなく、、、」
原画を描き、コピーし、コラージュして、また塗り着ける。
「俺のテーマは、アメリカン・ポップ」と言い放ち、
ラッパー、ドラッグクイーン、ソウルミュージシャン、パッケージなどを
「縦横無尽に描き続けていた」というアンダーグラウンド期の絵が
たっぷり展示されています。
まさに圧巻!


というわけで、
かつての土屋さんの絵を知る人は、くりびつてんぎょう、
初めて見る人は、パワーと迫力に、びっくりぎょうてん(吃驚仰天)


初日には、古くから彼を知るかつての仕事仲間や
しばらくご無沙汰していた友人・知人のみなさん
(名前は敢えてあげませんが、あんな人こんな人、わぁつ! すご)
往時を知らぬ、若き世代も続々と詰めかけて、大賑わいの展示風景です。

そんな人たちと冗談を交わしながら、はたまた色やテーマにについての説明する、
土屋さんは「最終日にまた戻ってくるよ」と、言い残して再びアンダーグラウンドへ。

今年の始め、
あるデザイナーが彼の居所を訪ね、仕事を依頼し、
それを聞きつけた、ふたりのイラストレーターが動き、
タンバリンギャラリーを会場に、と白羽の矢が立った! 
というのが、事の次第。
その仕事の公開はまだのようですが、、、
楽しみですねぇ。

さぁて、これはもう見るしかない、
今でしょう!
原画作品の一部は、販売もしています。(額付 30,000円)
土屋さん、次の在廊は最終日(3/31)お昼過ぎからの予定です。

☆03/26(火)〜03/31(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
Information 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 03/29(金)19:30 〜    アレ★アレ★シネマトーク
 テーマは、「名シーン」
  Ustream で、会場で、ぜひ!  会場参加費:500円(ドリンク付き) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Next Exhibition -----------------------------------------------------------------
ハンバートハンバート大好き
イラストレーション、平面、立体、映像、建築、衣装
ジャンルを超えたアーティストが
ハンバートハンバートの世界を表現します。
 04/02(火)〜 04/07(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
ただいま、
ギャラリーでもチケット予約受付中
<WATCHING THE SKY VOL.6_at HIBIYA YAON>
-----------------------------------------------------------------詳細は、こちら