2/27/2013

内藤三重子+鎌田豊成/HAND & SOUL 2013


今年もこの季節がやって来ました。
昨年2月に続いて、鎌倉から春の息吹、
すでに3度目の展示になる、おふたりの登場です。

内藤三重子 + 鎌田豊成 / HAND & SOUL 2013

海岸に打ち上げられた流木、漂流物や廃材、古布などを利用して
それぞれの個性で作られた「モノ」たち。

 “「つくり手」の悦びや楽しさを「使い手」につなげたい、
  「手」と「手」をつなぐ絆でありたい、と願っています。”

という言葉通り、それぞれの作品は、
素朴なデザインの中に、やさしさとセンスがキラキラと輝いています。

普段のホームグラウンド、鎌倉・佐助の「HAND & SOUL」から、
「時には、他流試合」(鎌田さん)と、
タンバリンギャラリーで、1年ぶりの展示となりました。

今回の注目は、8年の時を経て、
ティ・テーブルや腰掛けとして生まれ変わった
日本海の小さな漁村から運んできた船の廃材・船板。(上写真・右手ほか)
そのエピソードは、
鎌田さんのブログ・HAND & SOUL「モノ」がたりを読んでいただくとして、、、

ほかにも、
「椅子だった椅子」、流木人形、「WISHBONE額」、
「KID'S BOX壁掛け」、ミニハウス、
押す姿がユーモラスな「PUSHMAN」シリーズのブックエンドやランプ、
ヒトデやイソギンチャクのオブジェや「LOVE STONE」という名の石たち、
バケツランプ、組木アートテーブルなど、
種類も形も用途もいろいろな愛すべき「モノ」がたくさん。
そのひとつひとつに、
内藤さんと鎌田さんの思い出と想いが込められています。

作品は、すべてお手頃な価格(200 〜 10,000円)でお手元に。

ゆっくりと手触りを確認してみてください。
こんなふうに歳を重ねたいな、と
ふと思ってしまうのは、私だけではないでしょう。

内藤さん、鎌田さんとも、あるいはどちらかが、
毎日在廊のご予定です。
お茶を飲みながら、おふたりの想いや思い出、
いろんな話を聞くのも、
素敵な時間の過ごし方になるはずです。

☆02/26(火)〜03/03(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 過去の展示については、こちらこちら
Next Exhibition -----------------------------------------------------------------
「彼女たちの生活」 とやちかこ展
 03/05(火)〜 03/10(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 -----------------------------------------------------------------詳細は、こちら