8/31/2011

「余白」展

グッと引いた広い風景を好んで描く、ヒラノトシユキさん。
















「白が映える色を探していたら、赤にたどりついた」という谷口正造さん。
















「白がベースの作品ばかり描いています」と、Yoichi Johannes Sakataさん。




















「余白」展 は、3人のグループ展示。


大阪の同じ学校に学んだ先輩と後輩という関係ながら、
現在も学びながらはじめての展示をする人。
デザインを手掛け、Cafeを切り盛りし、教える立場にも立つ人。
東京に移って雑誌、書籍の表紙など精力的に活動する人、
とそれぞれ。
また、
その実力に一目おかれる生徒とそれを見守る先生であったり、
熱心にアドバイスしてくれる先輩だったり、
なかなか描かない(?)「あの先輩の新作が観たい!」と
声を掛ける後輩たちだったり、するのだそうだ。


そんな3人がたどりついたのが、
何もないが意味を持ち存在する空間=yohaku[余白]。
1年ほど前から温めたテーマだ。
























それぞれの作品をそれぞれに、
もう一度、壁面それぞれを観て、その空間を。
そして、
それぞれのポートフォリオやZINEをゆっくり眺めて、
夏の終わりのひとときを。

ヒラノさん、谷口さんは、08/31(水)、09/03(土)、04(日)の午後から在廊予定。
08/30(火)〜 09/04(日)11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
Next Exhibition ---------------------------------------------------------
おおざわともこ展

09/06(火)〜 09/11(日)11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
------------------------------------------------------------ 詳細はこちら