11/03/2010

小池高弘個展「Table Talk」

入ってすぐ左に、この作品。
まずはここに描かれるふたりの距離感に注目でしょうか



















小池高弘個展「Table Talk」

画文作家のご主人・小池さんと編集者でライターの奥さま・小川奈緒さんによる、共著「Table Talk」の原画を中心に新作が40点以上、展示されています。

小池さんの作品は、アメリカの雑誌にあるようなカーツーン風、

シンプルなペン画で、人物や風景、メニューブック、ボードゲームやカセットテープなど、さまざまですが、いつのまにか、ほわんとしてくるような、独特な味わい。



そして、
本のほうの「Table Talk」は


 向かい合って相手の話を聞いて
 受け答えしているつもりが
 いつのまにか自分の話になっている
 普段の勝手気ままなやりとりと同じ気分で
 妻が文章を書き、夫が絵を描きました。
 書くことと描くことを
 それぞれ仕事にしてきた二人が
 はじめて一緒に、自由に作った作品です。
 気楽にめくって楽しんでもらえたら
 うれしいです。

『Table Talk』Nao Ogawa Takahiro Koike(FOXTROT)より



タンバリンギャラリーのテーブルもいつのまにかおふたりの世界です。
偶然拾ったラジカセ、カセットとMorning、Afternoon、Middayと指定された手描きのミュージックリスト、ペンに墨汁に、ノート 

傍らには、小川さんが用意したメニューのついたお菓子かご。






















「Table Talk」500部限定、1,500円。
個展中にかぎり、小池さんがカバーに描き添えてくれるサービスも。

「会期中は毎日いる予定です。家に遊びにいく気分で観に来てくれるとうれしいです」と、小川さん。

おふたりの絶妙な距離感をゆっくりのんびり楽しんでください。
そして、おふたりといろいろお話も。

11/02(火)- 11/07(日) open 11:00-19:00 (最終日18:00まで)
Next Exhibition ------------------------------------------------------- 

杉江篤志個展「Walking around , Standing by」

11/09(火)~11/14(日)
open 11:00-19:00 (最終日18:00まで)
--------------------------------------------------------------詳細はこちら