10/06/2010

宇佐美朋子「卓上公園」

壁にイラストレーション、テーブルに陶器。
どちらもいます、昆虫がいっぱい

宇佐美朋子 「卓上公園」
















布にアクリル絵具で描かれた細密なイラストレーションは、
タペストリーやテキスタイルのようなトンボや蛾。
みつめるほどに新しい謎が生まれるような

一方、
陶器は、表にも裏にも同じようにいるいる、烏骨鶏やかなぶん、黄金虫。














どこを切っても金太郎、
あの飴の要領で色をつけた土を組んで切って焼く、
“練り込み”という技法だそう。(※別の技法の作品もあります)

土の状態、焼き具合などが微妙でヒビ入りだったり、ちょっといびつもあるけれど、
それが嬉しいひともいるはずだなぁ。














とはいえ、どちらも相当の段取りは必要なはず。
そのうえ始めるまえの確かなイメージや想像力がないと、
こうはいかないよな、きっと

ふぅ~ん! となんども見直したくなる作品がたんまり

初日には、お手製の“練り込み”昆虫クッキーもありました。


















バンタン時代の師匠(?)、スタッフの高橋キンタローも
ニコニコいました、ね。


宇佐美さんは、毎日、午後から在廊される予定、とのこと。
マニアックな昆虫ばなし聞くことができるかも。




10/5(火)〜 10/10(日) open 11:00-19:00 (最終日18:00まで)
<10/10:同時開催 Tambourin market>            

Next Exhibition -------------------------------------------------------

ism 2010 〜明日への想い 展 

(キュレーション キャラクターズ)


10/12(火)〜 10/17(日) open 11:00-19:00 (最終日18:00まで)
-----------------------------------------------------------詳細はこちら