2/12/2014

Marciel 展/あ た た か な 白 昼 夢

 Marciel(マルシェル) は、どこか遠くの外国に、
 (もしかしたらお話の世界に、)
 普通に暮らしている人、みたいに
 思ってもらえたらいいなぁ、と
 つけた名前です。        男かな?
                  女かな?

ひとつの冊子の一節にこんな言葉があります。

Marciel 展
あ た た か な 白 昼 夢
  ~絵とみじかいお話~

いろんなサイズのパネルに、紙に、
いろんな素材で描かれた絵が、ランダムに展示されています。
小さなお話が、そこに付いていて、、、こんなふうに
          
            夜にカサコソのそのそと 落しものを拾ってまわって 
          朝みんなが起きたら 枝にいっぱいかけてるの (落しものの木)
         
やさしくて、あったかくてほっこり
ちょっと涙もしちゃいかねない、たくさんの絵と小さなお話。
耳かきの旅、本日の影絵メニューや、
愛猫二ャー、もたくさんいます。
ゆっくりじっくり、楽しんでください。

Marcielさんは、女性です。
それも、まもなくママになる(予定日は、3/22ですって!)
搬入も設営も展示がスタートしても、
パパになる人と一緒に、こちらが心配になるほど、元気良くこなしていました、
これ、赤ちゃんの力かな。
そんな神秘のパワー(?)溢れる空間には、
きっと“ 愛 ” 満ちてます。

「お話が先だったり、絵が先だったり、
 浮かんだお話と絵が描く大きさ決めてくれることもあります。
 置いておくと、だんだん色も褪せてきて、紙も焼けてきたりもします。
 その過程も含めて、私の絵です、お話なのです」

ゆっくりと絵とお話を楽しんだら、
大きなテーブルに置かれた
お話が詰まったボックスの蓋を開けて、
「お好きなお話 お持ち帰りください」袋に入れて、
Marcielさんが用意した、素敵なおみやげを、どうぞ!

スプーン型のクッキーや、ドラジェ、オリオン座あげる(こんぺいとう)や
“ 赤ちゃんのほっぺ ” みたいなレモン味のギモーヴ(マシュマロ)にキャンディ。

初日には、
これで「バレンタインデーの準備完了!」なんて人もいましたw
こちらは、「風景と食設計室 HOO.(ホー)」のお二人、
永森志季乃さん(左)と高岡友美さんとのコラボレーション。

すっかり長居できちゃいますね。
ゆっくりお時間を作って、ぜひどうぞ!

Marcielさんは、週末(02/15、02/16)在廊のご予定。
「体調が許せば、その他の日も」とのことです。

☆02/11(火)〜02/16(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
Next Exhibition ------------------------------------------------------------
馬で行く / 在本彌生
 02/18(火)〜02/23(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 ------------------------------------------------------------詳細は、こちら