3/30/2011

井口聖展「入口の絵」



ドアを開けると、赤い絵が飛び込んできます。
そこで、あなたはなにをみましたか? なにを感じますか?


















もうすこし絵に近づいて、
「模様かな? なんか、デザインされてるみたい」
グッと近寄って、「あっ! なにか描かれてる」と、発見できたかな。
で、「なんだこりゃ!? かわいいな、こいつ!」


井口聖展「入口の絵」


2004年頃、井口さんはあるキャラクターを創造しました。
そのキャラにはハートがたくさん潜んでいて、
「ハートをたくさん描きたくて、描いているうちにこんなことに(笑)」










ペンで下絵を描き、マーカーでの色塗りは、すべて手作業。はじめて見る人には、デジタルでコピペですか? と聞かれるそうです。



軽やかでキュート、ポップで具体的なキャラクター、
その重ねとある規則に添った配置、
そして、彩色から生まれるもうひとつの線や表情や形は、
抽象世界に入り込んだよう。



遠くからゆっくり、近づいてじっくり、、、
井口さんの抽象と具象の間を行ったり来たりしてみるといいですね。
そして、井口さんの横でもう一度。










「新しい入口の鍵を探しに来てください」と、井口さん。




ギャラリーのシンボルのひとつ、ミシンの上に飾られた、
白をバックに淡い色合いで転写された一枚の絵。
ここに井口さんは、入口の鍵をひとつ置いてくれています。


一方、壁と反対の棚には、小さな冊子がまとめられています。
こちらは、今回の震災後、急遽作った作品集。壁の作品とは、まったく別の井口ワールドがひろがっています。
個展中の限定販売で、その売上げは被災地へ送ることになっています。


毎日、在廊のご予定です。
そうそう、外苑界隈の桜もぼちぼち蕾みを開きはじめていますよ。


03/29(火)〜 04/03(日)11:00〜19:00(最終日は、〜18:00)
Next Exhibition-----------------------------------------------------
久保田寛子展 「ある日」
04/05(火)〜 04/10(日) 11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
--------------------------------------------------------詳細はこちら