2/09/2011

甲斐瑞恵 個展「アドレナリン・ママ」



タイトルがまず、眼をひきませんか? 
甲斐瑞恵 個展「アドレナリン・ママ」


「おっ! なんだろ?」
これは、リチャード・ブローティガン*の詩集からとられたそうです。
ほかの作品はタイトルだけですが、
右壁、中央のブローティガン連作4点には、その詩が掲げられています。














「ブローティガンを知ったのは、大学時代。
大好きっていうわけでもありません。全部読んでるわけじゃないし、
タイトルにしたのは、理由があるんだかないんだか、、、
でも、たまに詩集を開くと、なんかしっくり心に沁みる気がするんです」
























自分のスタイルを作らなきゃ、と
茶系の色ばかり使って描いていた時期から
「そんなもん、いらないやぁ」と気がついて、色は豊富になり、
ドット(点々、水玉 「いろんな言い方してますけど」)が
どこかに入るようになって、およそ1年。
甲斐さんによれば、「怠け者の逆襲」なんだそうですが、
大小とりまぜ、21点が飾られています(販売もあり)。


モデルになっているのは、ブローティガンをのぞいて
ラベル、モーツァルト、チャイコフスキー、ピアニストのクララ・ハスキルなど、音楽家たち。
ご本人のクラシック好きが色濃く出ているのかも。
それぞれにちょっと仕掛けがあるようなのですが、
それはご本人に聞いてみてください。
02/11(金・祝日)、12(土)、13(日)は、終日在廊のご予定です。


ちょっとクール、でもユーモアを感じさせてくる甲斐さんの作品たち。
座右の銘は “ユーモアだけが世界を救う” なのだそうです。


02/08(火)〜 02/13(日) 11:00~19:00(最終日は〜18:00)
 ☆02/10 「Biweekly poet」vol.20 嶋村允一
Next Exhibition --------------------------------------------------------
日置恵 個展 「ki sa ra gi za 〜色〜」
02/15(火) 〜 02/20(日) 11:00〜19:00(最終日は〜18:00)
---------------------------------------------------------  詳細はこちら